プログラム

  • たまがわ花火大会公式Twitter
  • たまがわ花火大会公式Facebook
  • たまがわ花火大会公式LINE
  • サイトメニュー

17:45 ステージイベント
オープニングセレモニー

今年も迫力あふれる和太鼓の演奏や合唱団による歌声が、華々しくオープニングを飾ります。

・和響太鼓による演奏

・オープニングセレモニー(区長・区議会議長・実行委員会代表によるあいさつ)

・絆合唱団(ふるさと/花は咲く/大地讃頌)

19:00 第1幕 世田谷区制85周年記念
~ TOKYO HANABI Revolution ~

19:00 世田谷区制85周年記念 「未来の伝統芸術」

本年のオープニングは、世田谷区制85周年を祝して、豪華絢爛な幕開けです。
伝統は、いつの時代も進化を遂げるもの。記念すべきこのオープニングで、未来に受け継がれる花火を示します。

19:02 第2幕 心に響く光たち

19:02 「花火エモーション」〈協賛:材料科学技術振興財団〉

キラキラの光が、心に押し寄せる。なぜかノスタルジックに映る光が、あの時の思い出を紡ぎだして、今宵の色をつけていきます。

19:07 「星の波紋」〈協賛:日本女子体育大学〉

寄せては返す波のように、天から光が降り注ぐ。夜空をエレガントに彩る花火が、観る人の心を次々とつなぎだします。

19:10 一般社団法人 日本花火推進協力会 提供プログラム 「花火アレンジメント」

花火の魅力のひとつは、誰しもが愉しめることにある。創り手も多様性に溢れたならば、より魅力的な花火になるのではないか。 大人の発達障害など、障害のある方と共に、花火をデザインしました。 本プロジェクトは、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により、平成29年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査として実施しています。

19:14 第3幕 夜空はひとつ ~花火でつなぐ人と人~

19:15 「セタガヤ ピースフル ハナビ」〈協賛:玉川髙島屋ショッピングセンター〉

花火は、平和の空でしか愉しむことができない。花火は平和の象徴だ。だからこそ、今ここ世田谷で心躍る花火を楽しみましょう。

19:18 「音むすび」〈協賛:東邦ホールディングス〉

花火は、眼で見るばかりではありません。様々な音模様を響かせることができます。耳で感じる花火をお届けします。

19:23 「ヒカリのシンパシー」〈協賛:世田谷自然食品〉

天高く咲く花火をみんなで見つめる。花火は言葉を持たない。ひとつの花火が煌びやかにも、哀しげにも映る。 きっと、花火の光は誰しもの心に寄り添うことができるものなのです。

19:29 世田谷区と川崎市の包括協定締結記念「いま花束を交わそう ~水面を越えて~」

対岸の花火大会からの贈り物。世田谷区と川崎市の包括協定締結記念のスターマインです。 世田谷をイメージした花火模様が浮かびあがります。

19:32 「東北の息吹 第6弾 ~大輪をみつめて想うとき~」

本年も、東北の地の花火職人が技術の極みと、強い気持ちを込めて、珠玉の10号玉をかたちにしました。 夜空はひとつ。この夏も「世田谷」から「東北」を想い続ける証です。

19:35 第4幕 花火モデル ~天上の芸術表現~

19:37 TSUBAKI presents「蜷川実花ディレクション花火」

今年は、写真家、映画監督として幅広く活躍されている蜷川実花さんディレクションの花火が登場! 資生堂「TSUBAKI」とのコラボレーションによる、華やかな”蜷川実花ワールド”が夜空を彩ります。

19:41 「神秘の風」〈協賛:等々力不動尊〉

煌びやかに舞い降りる星々は、まるで夢のよう。この神秘の風が見えますか。

19:43 「玉響 ~たまゆら~」〈協賛:東京中央農業協同組合〉

美しい宝石が触れ合ってかすかな音をたてる。それは、ほんのわずかなひととき。

19:48 「響 ~HIBIKI~」〈協賛:楽天〉

花火の迫力をそのままに。きっと、DNAに刻まれている、人のココロと火のチカラの結びつき。 心のともしび天に映しだして見上げましょう。

19:50 第5幕 Epilogue ~TAMAGAWA HANABI Symphony~

19:51 「TAMAGAWA HANABI Symphony」

美しく華やかに飾るエピローグ。花火のヒカリ、伝わる響き、踊りだす音楽。 心の奥底に届く美しい感動は、たまがわの情景と共にいつまでも続いていきます。

20:00 花火打上終了ステージ

和響太鼓による演奏


※プログラムは都合により変更になる場合があります。
Copyright © 2016 Setagaya City TAMAGAWA HANABI All rights reserved.
このページの先頭に戻る

×